普通の庶民的サラリーマンがネット通販でポチッたものを紹介したり、チラシの裏に書けば済むようなことを、わざわざ書いたりしてみるブログです。
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
水槽台製作 その3
 
まだまだ水槽台製作の続きです。

今度は、扉の取り付けです。
扉はパイン集成材の板で作りました。

強度は必要ないところは集成材で十分かと。
蝶番で止めて観音開きにしました。磁石で開かないようにするやつを付けています。

マグネットキャッチというらしい。
扉が開いてる写真が無くてすいません。


扉は自体無くても良いんですが、我が家では玄関に置くために、クーラーやら配管やら
配線やらが見えないようにドアをつけました。

取っ手は、うちの奥さんがシャレたのを選んでくるらしいので、それが来たら取り付けることにします。
台の上に載ってるミニ台はリフジリウム用です。これにも扉をつける予定。
壁に立てかけてあるのがミニ扉です。
IMG_4478.jpg



書き忘れましたが、水槽台はすべて透明ニスで塗ってあります。
そうしないと、水槽の水がこぼれると染み込んでしまいます。
多少なら大丈夫だと思いますが、染み込んだままだと、条件次第では腐る可能性も。

水性が扱いやすいです。乾けば多少の水は大丈夫です。
ずっと濡らしたままにしておくと、落ちてくるかも知れないです。


スポンサーサイト
水槽台製作 その2
 
水槽台 製作の続きです。

まずは、昔作った木の台(机)を希望するサイズに小さく切ります。のこぎりで。

Suiso_dai_cut1.jpg

使用したのこぎりはゴムボーイ万能目です。
IMG_4458.jpg




カットしたら、紙やすりで磨きます。

今回、再利用した台は、過去に茶色のニスで塗っていたので
このニスを落とすのに、電動ドリルに取り付け可能なマジックパッドを使用しました。
IMG_4454.jpg
このマジックパッドはマジックテープで専用の丸型紙やすりを付けたり外したりできて便利です。
何より手でヤスるより、断然早い。
こんな感じに取り付けます。
majikku1.jpg

欠点は長く使うと電動ドリルが熱くなってぶっ壊れそうってところでした。
ドリルが木屑を吸い込んだりするし、10分に一回は休まないと煙が出てました。
あと、マスクしてやったほうがいいです。おがくずが舞うので。


組み立てはなるべく釘を使わず、ダボで仕上げました。
内側は見えないんで茶色のまま手抜きしました。
これでとりあえず形にはなった。
IMG_4464.jpg
水槽は全部で50kg近くになる予定なので、天板(約t20mm)だけでは弱い。
2x4材を天板下に3本入れてます。大人が乗ってもびくともしませんでした。
推定耐加重150kgくらいでしょうか。安全率3。どっちかというと倒れの力に対して弱そうな作り。
後日、これの前面に扉を付けます。目隠しのため。
台の下に水槽用クーラーを置く予定なので、
横と後ろ面は放熱のため開けっ放しにしました。



材料が余ったんで、ついでに子供が欲しがっていた「人形さん用ベッド」を作りました。
IMG_4466.jpg


水槽台製作開始
 
海水水槽を開始すべく、まず、水槽全体の構成を考えます。

実はこれまで60cm規格水槽で海水水槽をやったことがあるんですが
あまりに金をかけなすぎて夏が来るたび崩壊させていました。
どのくらい金をかけてなかったというと、

プロテインスキマー無し

水槽用クーラー無し

メタハラ無し、蛍光灯のみ

ライブロック→和歌山県 串本付近で打ちあがってたサンゴ石を拾ってきてライブロックと言い張る。

砂→やっすいサンゴ砂を厚く敷く

海水→釣りいったときポリタンクに汲んでくる。


最後には、釣ってきたイイダコとか、捕まえたカレイ入れてたし・・・。
結局、引越しの際にすっぱりやめましたが、やっぱり海水水槽をやりたい。

今回は、これまでの失敗を生かして、もうちょっと、ちゃんとやろうかなと・・・。



まずは基本構想。
→カクレクマノミの繁殖を目指します。

それに対する条件、制限として
1)小さくてもいいからリフジリウムを作る。(栄養塩除去と、稚魚のために)
2)イソギンチャクを飼う(丈夫なサンゴイソギンチャクの予定)
3)プロテインスキマーを使う。ウッドストーンはやだ。
4)25℃越える前にクーラーを設置する
5)設置場所が広くない。(幅65cm以下奥行き45cm)
6)予算10万円

これらでいろいろ考えた結果・・・・。



カミハタの海道システムにします!

こんなやつです。
背面オーバーフローで、フィルター、プロテインスキマーが背面に収まってます。
これに無理やりリフジリウムをつなぎます!
ガラスのフタは自分で切らなきゃ接続できませんな。こりゃ。

これがその設計図です!
Suiso_design01.jpg

寸法とか入ってないところがあるけど、まあ作りながら、変えてくかもしんないし・・・。

っで材料はこれ。
IMG_4448s.jpg

昔、作った台を改造する。
追加部品は、ホームセンターで2x4材を買って、切ってもらって帰る、
このために図面が必要でした。
2x4って2インチx4インチだと思ってたら大間違いで
38mm×89mmとか微妙すぎ。(だったら1.5インチx3.5インチって言ってくれ)
あぶなくサイズ間違えて切るところでした。
[ad]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。