普通の庶民的サラリーマンがネット通販でポチッたものを紹介したり、チラシの裏に書けば済むようなことを、わざわざ書いたりしてみるブログです。
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
水槽台製作 その2
 
水槽台 製作の続きです。

まずは、昔作った木の台(机)を希望するサイズに小さく切ります。のこぎりで。

Suiso_dai_cut1.jpg

使用したのこぎりはゴムボーイ万能目です。
IMG_4458.jpg




カットしたら、紙やすりで磨きます。

今回、再利用した台は、過去に茶色のニスで塗っていたので
このニスを落とすのに、電動ドリルに取り付け可能なマジックパッドを使用しました。
IMG_4454.jpg
このマジックパッドはマジックテープで専用の丸型紙やすりを付けたり外したりできて便利です。
何より手でヤスるより、断然早い。
こんな感じに取り付けます。
majikku1.jpg

欠点は長く使うと電動ドリルが熱くなってぶっ壊れそうってところでした。
ドリルが木屑を吸い込んだりするし、10分に一回は休まないと煙が出てました。
あと、マスクしてやったほうがいいです。おがくずが舞うので。


組み立てはなるべく釘を使わず、ダボで仕上げました。
内側は見えないんで茶色のまま手抜きしました。
これでとりあえず形にはなった。
IMG_4464.jpg
水槽は全部で50kg近くになる予定なので、天板(約t20mm)だけでは弱い。
2x4材を天板下に3本入れてます。大人が乗ってもびくともしませんでした。
推定耐加重150kgくらいでしょうか。安全率3。どっちかというと倒れの力に対して弱そうな作り。
後日、これの前面に扉を付けます。目隠しのため。
台の下に水槽用クーラーを置く予定なので、
横と後ろ面は放熱のため開けっ放しにしました。



材料が余ったんで、ついでに子供が欲しがっていた「人形さん用ベッド」を作りました。
IMG_4466.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tssyyy.blog1.fc2.com/tb.php/38-12ee6883
この記事へのトラックバック
[ad]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。