普通の庶民的サラリーマンがネット通販でポチッたものを紹介したり、チラシの裏に書けば済むようなことを、わざわざ書いたりしてみるブログです。
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ライブロックをDIY?ライブロック自作の材料は?
 
ライブロックも作ろうかなー、っと考えてます。
水槽に入れるかどうかは別として。
まだ考えているだけです。

ライブロックは作るものじゃないって知ってるんですが。
高いですよね。ライブロック。

CPファームさんなどでは人工ライブロック(?)といわれるものを
作って、海に沈めて熟成させてるみたいですが、

それに似たようなものを作れないかな。っと。
そこで、いろいろ調べてみましたので、忘れないうちにメモっておきます。


簡単に作れそうなものは、コンクリートですね。
砂利とセメント混ぜて、好きな形にすれば、良いはず。
ただしセメントは化学的に水と反応して固まるはず・・・
水槽に入れても問題ないのかな?と心配しました。

ネット上には、いろいろな情報があふれてますね。
正確な情報かどうかの判断は、各自が行う必要がありますが。

いろいろ調べてみたところ・・・

コンクリート=セメント+砂利

コンクリートが乾いた直後に水に入れると
強アルカリになる→生体死亡→ダメじゃん

よく庭の池をセメントで補修→コイが全滅
ってパターンが多いみたい。

アク抜きすると大丈夫らしい。
アク抜きって一体なんだ。 そもそもセメントからアクが出る?

どうやらアク抜きと言っているのは、セメントの化学変化についての事のようだ。
業務用にはアク抜き材なるものがあるらしい。っが単に酸で中和させるだけ(?)

Yahoo知恵袋
コンクリート池のあく抜きについて コンクリート池を作り錦鯉を飼育しようと思...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1356205033


自分は化学屋ではないので良くわからんですが、wikiによれば

セメントは、水と反応すると水酸化カルシウムを発生させ、強いアルカリ性を示す性質がある。そのため、目や鼻、皮膚に対して刺激性、溶解性があり、硬化前のセメントが付着した状態が続くと目の角膜や鼻の粘膜、皮膚に炎症や出血が起きる可能性がある(セメント皮膚炎)。完全に硬化した後のセメント(モルタル・コンクリート)の場合は水酸化カルシウムは二酸化炭素と反応し中性の炭酸カルシウムとなっているので、炎症を引き起こす可能性は多くの場合ない。

いろいろ調べてみたところ、水酸化カルシウムは、しばらく放っておく事で
自然に空気中の二酸化炭素と反応して中性の炭酸カルシウムになっていくって事らしい。
よくテトラポッドを海に入れる前に堤防脇に置いてあるのも、そのためだとか。

じゃあ炭酸カルシウムって何ぞや、水槽に入れて委員会?と、またwikiで・・・
炭酸カルシウム(たんさんカルシウム、calcium carbonate)は、組成式 CaCO3 で表されるカルシウムの炭酸塩である。
貝殻やサンゴの骨格、鶏卵の殻、石灰岩、方解石、霰石、大理石、鍾乳石、白亜(チョーク)の主成分で、貝殻を焼いて作る顔料は胡粉と呼ばれる。土壌ではイタリアのテラロッサに含まれる。


サンゴの骨格?!
って、ライブロック=昔はサンゴの骨格だったもの=サンゴ石=石灰石=炭酸カルシウム

結局、ライブロックとセメントの主成分は一緒って事か。

セメント固めて、空気中に1ヶ月か1年か置いて、海に沈めればライブロックって事か・・・。
でも実際は成分が一緒でも生物が住み着くための微細な穴(多孔質)がある事が重要なんだろう。

空気中の二酸化炭素に反応して炭酸カルシウムにするのに
長時間、雨風にさらす必要があるらしいですが、加速させることも可能らしい。
http://footprintofhasi.blogspot.jp/2014/04/blog-post_10.html
同じようなことを考えている人、結構いるんですね。
上記URLでは発酵式CO2発生で、と記載されていますが
発酵式だとメタンだかアルコールだかなんだか、CO2以外にも出るけど、良いのかな?

もっと簡単なのはドライアイスでしょう。
ドライアイスはCO2を固体にしたもの。

これだと、スーパーで冷凍食品買ったときに貰えるんで
これを大事にもって帰って、セメントのライブロック偽岩と一緒に
ビニール袋に入れとけばOKでしょう。

CO2は空気より重く、気化すると800倍(?)くらい体積が増えるんで、
ビニールにライブロック(偽)とCO2(ドライアイス)を入れて空気を抜いて、3重梱包して
膨らんできたら上から圧を抜けば良いはず。
上記URLの人の計算が正しければ1週間で
水酸化カルシウム(強アルカリ)→炭酸カルシウム(中性)になるはず。


あとは、多孔質化させる方法だけど
そもそも、コンクリートにするには砂利を混ぜるんだから
砂利の代わりに、サンゴ砂、サンゴ石を混ぜ込んでやれば、かなり多孔質になる。
しかもサンゴ砂は激安。9Lで2000円。


これを潮通しの海に数ヶ月沈めておけばライブロックの完成か?!

うちの近所は熱帯の海ではない海域だから、水槽の環境に耐えられない生き物が
くっ付く可能性はあるけど、問題ないでしょう。たぶん・・・。


[追記]
https://www.youtube.com/results?search_query=DIY%20LIVE%20ROCK
海外ではライブロックを自作する人が、結構いるのかな?
かきガラを使ってる人が多いですね。あと多孔質化のためだと思うけど粗塩。
かぎガラ+サンゴ砂+粗塩+セメント+水をサンゴ砂の上に載せて成形するみたいです。
やってみようかなあ。
かきガラ600g=400円ちょっと
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tssyyy.blog1.fc2.com/tb.php/42-da1d0c66
この記事へのトラックバック
[ad]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。