普通の庶民的サラリーマンがネット通販でポチッたものを紹介したり、チラシの裏に書けば済むようなことを、わざわざ書いたりしてみるブログです。
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ソフトバンクの呪縛からの開放。自由の翼が欲しい その3
 
前回の続き

もうSoftBankには騙されないための、いろいろとお勉強しました。

格安SIMの比較サイトはいっぱいあるので、比較に関しては、そちらで見て頂くとして、自分なりの考え方を書いてみます。

まず、SIMフリー携帯とか、格安スマホとか、格安SIMとかMVNOとか、いろいろごっちゃになってしまってますが、

格安スマホとは
 (一般的に)「安いが性能も下がるスマートフォン」

SIMフリー携帯とは
 「どの会社のSIMでも使える携帯電話」

格安SIMとは
 「基本料金が3大キャリアに比べてだいぶ安い契約をして入手するSIMカード」

MVNOとは
 「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。」
大手通信会社から回線を借りて運用している会社(事業者)ですね。
現時点(2016年2月)では、Docomo系、au系がある。



要は、日本国内で携帯電話を使用するときにDocomo, au, Softbank以外と契約する場合、ほとんどMVNOと契約することになります。ほとんどと言っているのは一部、そうではないところもあるからです。

Y!mobile(ワイモバイル)は特殊です。
個人的には格安SIMと3大キャリアの間にある存在に見えます。悪く言えば中途半端。使い方次第では、お得ですが、自由の翼は手に入りません。当然、SIMフリー携帯は使えますが2年契約、自動更新、宣伝しまくっている\2980では1Gまでしか使えないなど、落とし穴が盛りだくさんに見えます。使い方次第ではまあ、良いんではないかと。


もし、この辺りまで読んで、理解不能な方は、引き続き3大キャリア(Docomo,au,Softbank)を使い続ける方がいいでしょう。
(そういう方を見下しているわけではないです。毎月数千円程度払ってサービス、安心を買うと考えれば、3大キャリアも悪くないです。格安SIMに変えたとしても、使い方次第では格安になるわけではないです。携帯の設定やら、不具合や、不明点、問題があった場合に対応できない人は、長いものに巻かれていたほうが楽だし、対面で相談できる窓口もある。)

続く
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tssyyy.blog1.fc2.com/tb.php/51-daed50ee
この記事へのトラックバック
[ad]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。