普通の庶民的サラリーマンがネット通販でポチッたものを紹介したり、チラシの裏に書けば済むようなことを、わざわざ書いたりしてみるブログです。
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ソフトバンクの呪縛からの開放。自由の翼が欲しい その4
 


格安SIM(MVNO)に乗り換える場合、
下記を考慮する必要があります。これ重要。


1)電話をよくかけるかどうか。(電話回線を使った通話をするか)
2)電話をまったくかけないかどうか。(電話回線を使った通話をまったくしない)


以下、見ていきましょう。

→1)電話をよくかけるかどうか。(電話回線を使った通話をするか)

格安SIMにした場合、電話をかけると安いところでも30秒あたり10円の通話料がかかります。
(楽天電話、みおふぉんダイヤルなどのマイラインを利用した場合です。利用しないとその倍の料金です)
格安SIMで通話かけ放題のプランは、現時点では無いと思います。(たぶん)

格安SIMの通話料金
一日平均30分通話する場合、
 30分×60秒×30日÷30秒×10円=18000円!

一日平均6分通話する場合、
 6分×60秒×30日÷30秒×10円=3600円

一日平均3分通話する場合、
 3分×60秒×30日÷30秒×10円=1800円

一日平均1分通話する場合、
 1分×60秒×30日÷30秒×10円=600円(1ヶ月で30分に相当)

一ヶ月間、で数分など、用事が無い限りほとんど通話しない場合、まあ数百円程度でしょう。

実際には31秒だと20円に切り上がるのでもっとかかると見ていいでしょう。

2016年2月現在、多くのMVNOでは高速データ通信3Gバイト/月までの音声通話SIMは基本料1600円/月。

料金のシミュレーションをしてみましょう。
・携帯本体を2年ごとに買い替え。48000円とする。→24回払い2000円/月
・通話料金は毎月2000円とする。(30秒10円。切り上げを考慮すると3分×30日=90分/月程度)
・データ通信3Gバイトまで高速通信、それ以降は低速通信。→基本料1600円(税別)

携帯電話本体を含め
2000円+2000円+1600円=5600円/月
こう見ると一日平均3分、月に90分以下の通話なら格安SIMで良さそうです。

一日平均6分、月に180分程度通話する人は格安SIMにしないほうが良さそうです。
(月に180分だと2000+4000+1600=7600円/月、サービス、通信速度は3大キャリアが勝ります。)


3大キャリアは
かけ放題プラン+高速データ通信5G/月+本体分割払い-なんたら割引
2700円+5400円+本体実質無料とかいうワナ=8100円/月

かけ放題ライト+高速データ通信5G/月+本体分割払い-なんたら割引
1700円+5400円+本体実質無料とかいうワナ=7100円+α/月

家族だか学割だか、なんたら割引によって差が出るけど、
まあ平均的には7000円を下回ることはなさそう。


2)電話をまったくかけないかどうか。(電話回線を使った通話をまったくしない)
メールやLine、ゲームしか使わない人や、電話回線を使わずにLineやSkypeでの通話だけで良い人、
タブレットなどで電話しない人は、データ通信SIMにすると安上がりかもしれないです。
ただしLineの無料通話もデータ通信になるのでデータ通信量に注意です。
Wifiを使用できる環境なら安心です。


つづく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tssyyy.blog1.fc2.com/tb.php/52-565121bc
この記事へのトラックバック
[ad]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。